駐日欧州連合代表部

EU理事会、持続可能な食料システム確立に向けた「農場から食卓へ」戦略を採択

Brussels, 19/10/2020 - 18:18, UNIQUE ID: 201020_1
Press releases

EU News 286/2020

<日本語仮抄訳>

欧州連合(EU)理事会は本日、「農場から食卓まで(farm to fork)」と銘打った戦略を採択し、生産から消費までに及ぶ欧州の持続可能な食料システムを確立するという目的を支持した。採択された結論は、2050年までに温室効果ガス排出を実質ゼロにするというEUの目標に貢献し、一次生産者に公正な収入としっかりとした支援を確保しつつ、十分かつ手頃な価格で食物を確実に得るという、加盟国からの二重の政治的メッセージを伴っている

今般の結論を通じてEU理事会は、本戦略に基づくEUの法案が、科学的に妥当な事前影響調査を根拠とすることを求めた。また、持続可能な形で食物を生産すると同時に環境を支えるため、農薬・抗菌剤・肥料の慎重かつ責任ある使用を引き続き促すことを求めた。EU理事会はさらに、競争の激しい農産品市場での公正な競争と、世界貿易機関(WTO)ルールとの整合性を求めた。


EU MAG』の関連記事
脱炭素と経済成長の両立を図る欧州グリーンディール 2020年1・2月号 ニュースの背景

EUについてさらに知りたい場合は日本語のオンラインマガジン『EU MAG』をご覧下さい

「農場から食卓まで」(インフォグラフィクス)

Languages:
編集セクション: