駐日欧州連合代表部

2019年春季の世論調査、EUに対して楽観的な市民の増加を示す

ブリュッセル, 05/08/2019 - 05:53, UNIQUE ID: 190806_3
Press releases

EU News 143/2019

<日本語仮抄訳>

本日発表された、最新の欧州連合(EU)の世論調査(ユーロバロメーター)結果によれば、欧州市民のEUに対する肯定的な認識が、経済から民主主義の状況まで全体的に大きく伸びた。今回の結果は、ジャン=クロード・ユンカー委員長率いる現在の欧州委員会が就任する前の2014年6月の調査以来、最も良いものである。

今回の調査は、全EU加盟28カ国と加盟候補国5カ国で、欧州議会選挙終了後の2019年6月7日~7月1日まで行われた。単一通貨ユーロへの支持が過去最高になったことや、気候変動が移民に次いでEUレベルで2番目の懸念になったことなどが主な調査結果だ。

世論調査の主なポイント

1.EUへの信頼とその将来への楽観は2014年以降最高となった

2.単一通貨ユーロへの支持が過去最高となった

3.EUの主な成果として、EU市民としての意識と移動の自由が挙げられた

4.EUと各国双方において、気候変動と環境に対する懸念が伸長した

Languages:
編集セクション: