European Union External Action

EU理事会、新型コロナ危機後を見据え、「復興・強靭化ファシリティ」の設立を承認

Brussels, 11/02/2021 - 17:55, UNIQUE ID: 210211_34
Press releases

EU News 45/2021

<日本語仮抄訳>

欧州連合(EU)は、総額7,500億ユーロの新型コロナウイルス感染症の危機からの復興策の具体化に向け取り組んでいる。

EU理事会は本日、EUの新型コロナ危機からの復興計画の中心となる、「復興・強靭化ファシリティ」の設立に関する規則を採択した。同ファシリティは、EU加盟27カ国が今般のパンデミックの影響に対応し、グリーンかつデジタルな変革を促し、回復力のある、包摂的な社会を構築する一助となるべく、公共投資や改革のため、総額6,725億ユーロの補助金や融資を提供する。

各加盟国は、現在策定中のそれぞれの復興・強靭化計画に基づき、同ファシリティからの支援を受けることになる。

 

EU MAG』の関連記事
EUの新型コロナ禍からの復興を支える大規模な財政支出計画 2020年秋号 ニュースの背景

EUについてさらに知りたい場合は日本語のオンラインマガジン『EU MAG』をご覧下さい

Languages:
編集セクション: