European Union External Action

ボレルEU上級代表、サイバー空間の安全と安定を目指すEUの対応に関する声明を発表

Brussels, 30/07/2020 - 16:49, UNIQUE ID: 200730_11
Statements on behalf of the EU

EU News 210/2020

<日本語仮抄訳>

ジョセップ・ボレル欧州連合(EU)外務・安全保障政策上級代表兼欧州委員会副委員長は、EUを代表して以下の声明を発表した。

EUとその加盟国は幾度にもわたり、サイバー空間における悪意ある行動に対する懸念を表明し、非難してきた。そのような行動は、国際的安全と安定、およびインターネットや情報通信技術の活用がもたらす利益を脅かすため、容認できない。われわれは、社会的・政治的・経済的発展を支え、人権と基本的自由および法の支配が完全に適用される地球規模の開かれて安定した平和的で安全なサイバー空間を強力に促進する。

サイバー空間におけるこのような悪質な行動の防止、抑止、阻止そして対処をよりよく行うために、EU理事会は本日、EUまたはその加盟国に対する外的脅威となるような重大な影響を与えたサイバー攻撃、もしくは重大な影響を与えたかもしれない未遂サイバー攻撃に関わった、あるいは第三国や国際機関に相当な影響を与えたサイバー攻撃に関わった、6個人と3組織に対し制限措置を適用することを決定した。該当措置は、自然人に対しては渡航禁止と資産凍結、組織・団体に対しては資産凍結となる。また、対象個人・組織への直接的・間接的資金提供も禁じられる。

今般の措置は、われわれの自由で民主的な社会の一体性、安全、社会的福利および繁栄、ならびに、ルールに基づいた秩序や国際機関が確実に機能することを守るという、EUとその加盟国の一貫したメッセージと決意を受けたものだ。われわれは今後もサイバー空間における国際的安全と安定を促進し、地球規模のレジリエンスを増強し、サイバー脅威や悪質なサイバー活動への問題意識を高めるための協力を強化していく」

 

EU MAG』の関連記事

世界的注目を集めるEUの制裁の仕組み 2014年8月号 政策解説

EUについてさらに知りたい場合は日本語のオンラインマガジン『EU MAG』をご覧下さい

Languages:
編集セクション: