European Union External Action

欧州委員会、新型肺炎感染拡大防止の取り組みを統括する対策本部を設置

Brussels, 02/03/2020 - 12:00, UNIQUE ID: 200303_3
Press releases

EU News 46/2020

<日本語仮訳>

欧州委員会は、欧州連合(EU)加盟国の準備体制を支援し、COVID-19(新型コロナウィルス感染症)の拡大を抑制し、市民の健康を守るため、全面的な取り組みを継続している。

本日、欧州委員会は、5人の委員から成るコロナウイルス対策本部を発足させた。対策本部で新型コロナウィルスの感染拡大防止の取り組みを統括するのは、ヤネス・レナルチッチ(危機管理担当)、ステラ・キリアキデス(保健問題担当)、イルヴァ・ヨハンソン(国境問題担当)、アディナ・ヴァレアン(モビリティ担当)、パオロ・ジェンティローニ(マクロ経済担当)の5人の委員である。対策本部の取り組みには、3つの主要な柱がある。一つは医療分野で、予防や調達から救援措置、情報、予測を対象とする。この第一の柱について、対策本部は、欧州疾病予防管理センター(ECDPC)および欧州医薬品機関(EMA)と緊密に連携して取り組む。第二の柱はモビリティで、輸送から渡航勧告、シェンゲン関連の問い合わせ対応を対象とする。第三の柱は経済で、バリューチェーンやマクロ経済のほか、観光、運輸、貿易などさまざまな業種の詳細な調査を対象とする。

また、欧州委員会は、本日COVID-19 専用ウェブページを開設した。同ページでは、EU加盟国の専用ウェブページへのリンク、直近の調査結果など関連情報のほか、医療、市民保護、モビリティ、経済、統計情報など幅広い分野の主な活動に関する情報を提供する。

 

EUについてさらに知りたい場合は日本語のオンラインマガジン『EU MAG』をご覧下さい

Languages:
編集セクション: