European Union External Action

ボレル新EU上級代表、国連の気候変動会議に出席

02/12/2019 - 13:08
News stories

EU News 220/2019

cop 25, climate change conference, iceberg

<日本語仮抄訳>

 

12月13日までスペイン・マドリードで開催される国連気候変動枠組条約第25回締約国会議(COP25)が本日、開幕した。同会議への出席は、1日に欧州連合(EU)外務・安全保障政策上級代表兼欧州委員会副委員長に就任したジョセップ・ボレル氏の最初の公務の一つである。

 

ボレル上級代表は同会議の文脈において、「EUは気候変動との戦いにおいて責任を負っているが、世界的な影響を及ぼすには、集団的行動が必要だ。私は、EUのパートナー国との協力において、気候行動を主要優先事項にしたい。EUは、自らに高い野心水準を設定し、それを達成しなければならない最大排出国から、われわれがその持続可能な経済転換を支援する用意のある潜在的排出国まで、全ての国や地域と作業を進めたいと考えている。EUは貿易技術支援、能力構築、開発協力、また危機管理でさえも、自身が有する全ての手段を活用する。これこそがわれわれのこの『地政学的欧州委員会』の精神だ」と述べた。

 

COP25におけるEUの優先事項は以下を含む。

  • パリ協定の自主的協力メカニズムの実施指針の完成
  • 損失・被害に関する「ワルシャワ国際メカニズム」の第2次見直しの終了
  • 「ジェンダーに関するリマ作業計画」の見直しの完了
  • 「強化された透明性枠組み」の取り決めに関する技術的作業の推進

 

EUについてさらに知りたい場合は日本語のオンラインマガジン『EU MAG』をご覧下さい

Languages: