European Union External Action

イランに関する仏・独・英の外相とEU外務・安全保障政策上級代表の共同声明

Brussels, 02/07/2019 - 19:53, UNIQUE ID: 190702_19
Joint Statements

EU News 117/2019

<日本語仮訳>

 

ジャン=イヴ・ル・ドリアン・フランス外相、ハイコ・マース・ドイツ外相、ジェレミー・ハント英国外相およびフェデリカ・モゲリーニ欧州連合(EU)外務・安全保障政策上級代表兼欧州委員会副委員長は、以下の共同声明を発表した。

 

「仏・独・英の各外務大臣とEU上級代表は、イラン核合意である包括的共同行動計画(JCPoA)で定められた、低濃縮ウラン貯蔵量の上限を超えたとの同国の発表を非常に憂慮している。国際原子力機関もこの情報を確認している。

 

われわれはこれまで、一貫してかつ明確に、核合意に対する約束は、イランが同合意を完全順守することにかかっているとしてきた。われわれは、核不拡散にとって絶対不可欠な手段に疑問を投げ掛けるこのイランの決定を遺憾に思う。

 

われわれはイランに対し、この措置を覆し、核合意を弱体させるさらなる措置を控えるよう要請する。われわれは、他のJCPoA参加者と緊密に連携し、同合意の条項の下での次の動きについて、緊急に検討している」

 

イラン核合意に関するEU MAGの記事はこちら  

EUについてさらに知りたい場合は日本語のオンラインマガジン『EU MAG』をご覧下さい

Languages: