European Union External Action

欧州委員会、マケドニア旧ユーゴスラビア共和国とアルバニアのEU加盟交渉開始を勧告

17/04/2018 - 19:37
News stories

EU News 74/2018

<日本語仮抄訳>

欧州委員会は本日、7本の国別報告書を含む、拡大に関する年次報告書群を採択し、既定の基準と公平かつ厳格な条件付けに基づく欧州連合(EU)の拡大政策の実施状況を評価した。フェデリカ・モゲリーニEU外務・安全保障政策上級代表兼欧州委員会副委員長は、「EUの拡大は、欧州の平和・安全・繁栄・安定への投資である。拡大政策の成功は、われわれ自身の利益でもある」と述べ、西バルカン諸国が遂げた進展を歓迎した。

上級代表は、欧州委員会がEU理事会に対し、マケドニア旧ユーゴスラビア共和国とアルバニアが進めてきた取り組みに鑑み、また現在の改革の流れを維持すべく、両国とEU加盟交渉を開始する決定を下すよう勧告した、と述べた。これを支援するために欧州委員会は司法制度と基本的権利および司法・自由・安全に関する交渉章については対応強化のアプローチを適用する用意がある。

さらに、欧州委員会はボスニア・ヘルツェゴビナの加盟申請に対する見解を準備しており、またコソボ当局とは安定化・連合協定に基づいた協力が続いている。EUはまた、法的拘束力のある合意の確保を含む、セルビア・コソボ関係の正常化に関する対話の円滑化に引き続き取り組む。

Languages:

作成者