European Union External Action

モゲリーニEU上級代表、イラク復興支援会合で同国への追加支援を約束

14/02/2018 - 20:49
News

EU News 27/2018

Iraq Conference for Reconstruction, Reconstruction, stabilisation, peace, eu support

<日本語仮抄訳>

「過激派組織『ダーイシュ』〈イスラム国〉が地域的に敗北した今、市民を中心に据える形でイラク国民の自国再建の目標を達成する支援をしたいと考えている」。2018年2月13日にクウェートで開催されたイラク復興支援閣僚級会合において、共同議長を務めたフェデリカ・モゲリーニ欧州連合(EU)外務・安全保障政策上級代表兼欧州委員会副委員長は、同国のインフラのみならず、その諸機関、社会システム、地域社会の再建に投資する強い決意を示し、人道・開発・安定化支援のために4億ユーロを追加支出すると発表した。

上級代表は、イラク政府は自国がどのような復興を必要としているかを非常に明確に示したと述べ、同国の物理的再建に相当な集団的努力、かなりの資源および民間投資が必要であるのは明らかだと認めた。

「しかしながら、復興は建物、道路、鉄道の話だけではない。われわれは、イラクが自身の教育システム、諸機関、社会を再建する必要があると考え、またそれを支援したいと考えている」とモゲリーニ上級代表は述べた。

上級代表は、復興の人的・社会的・組織的側面を強調し、EUはイラクの偉大なる人的資源に活力を与えることを通じて、同国の地域社会の再建を支援したいと説明した。

EUと上級代表は、イラクに関する新たな戦略を提案し、それは1月22日にEU加盟国により採択された。同戦略では、より包摂的な国家としてイラクにより良い未来を築くため、同国が行う、残る人道的取り組みや安定化・早期回復・開発・改革努力を、EUが短・長期的にいかにイラク国民に付き添い、彼らを支援するかの方法を示している。

Author