9月21日のEU外務理事会の主な結論

Brussels, 21/09/2020 - 19:43, UNIQUE ID: 200922_3
Council Conclusions

EU News 255/2020

<日本語仮抄訳>

ベラルーシ

欧州連合(EU)理事会はベラルーシに関する意見交換を行い、その中で8月の大統領選挙が自由でも公正でもなかったとして、その結果を認めないとの見解を再確認した。

理事会は、弾圧にもかかわらず示されたベラルーシ国民の決意と忍耐に留意し、彼らの民主主義を求める姿勢に強い連帯を表し、欧州安全保障協力機構(OSCE)の監視下での新たな、自由で公正な選挙を求めた。

理事会は、ベラルーシの主権と独立を強く支持し、全ての国際的パートナーに対し、同国の内政問題に介入しないよう求めた。

制裁の問題も討議され、理事会は、できるだけ早期に新たな制限的措置を採択する政治的意思を再度表明した。

 

EUについてさらに知りたい場合は日本語のオンラインマガジン『EU MAG』をご覧下さい

Languages: