Delegation of the European Union to Tunisia

欧州委員会、共通の調和されたEU入域制限の部分的・漸進的解除を勧告

Brussels, 11/06/2020 - 12:00, UNIQUE ID: 200612_3
Press releases

EU News 147/2020

<日本語仮抄訳>

欧州委員会は本日、シェンゲン協定加盟国と同協定連合国に対し、域内の国境管理を2020年6月15日までに解除し、域外からの不要不急の渡航の一時的規制を2020年6月30日まで延長するよう勧告し、その後の同規制の漸進的な解除に向けた取り組み方を提示した。

いくつかの第三国では保健情勢が依然危機的であることに鑑み、欧州委員会は、現時点で渡航制限を一般的に解除することは提案しない。制限措置は、欧州疾病予防管理センターや世界保健機関など関係情報源のデータを考慮しながら、保健情勢、渡航中隔離措置適用能力および相互主義上の考慮を含む、いくつかの原則や客観的条件に基づき、加盟国側が共に選考した国々を対象に解除されるべきである。

制限が維持される国々については、欧州委員会は、入域が許可される渡航者の分類を、例えば留学生などに、拡大することを提案する。欧州委員会はまた、海外でのビザ発行の再開が、渡航制限の段階的解除とうまく調整されることを確実にするため、加盟各国に対し指針を発行した。

 

EUについてさらに知りたい場合は日本語のオンラインマガジン『EU MAG』をご覧下さい

Languages:
編集セクション: