Delegation of the European Union to Tunisia

WTOの機能停止に関するホーガン欧州委員の声明

Brussels, 10/12/2019 - 11:55, UNIQUE ID: 191211_1
Press releases

EU News 227/2019

<日本語仮訳>

 

欧州委員会のフィル・ホーガン通商担当委員は本日、以下の声明を発表した。

 

「世界貿易機関(WTO)の上級委員会は12月11日に、新たな上訴を引き受けることができなくなるために、実質的に機能しなくなる。

 

これは、過去24年にわたり、WTOの上級委員会と、その紛争処理手続き全般を頼りにしてきた国際的なルールに基づいた貿易体制にとって、残念で非常に深刻な打撃だ。

 

これは、多国間主義と国際貿易体制にとって、重大な場面だ。上級委員会が機能しなくなることで、経済の大小にかかわらず、WTOのルールが公平に適用されることを独立して保障する、法的拘束力のある紛争処理制度を失ったことになる。

 

欧州連合(EU)は今もなお、多国間主義に基づく貿易体制を断固として支持しており、効果的な紛争処理制度を有するWTOは、開かれた公正な貿易のために不可欠であると確信している。

 

この24年間で世界は変化し、WTOが適切で運営可能であり続けるには、この変化する環境を反映する必要がある。貿易ルールの作成者や各国の貿易政策と慣習の監視者、そして特にその紛争処理機能というWTOの3機能全てを通じて、包括的な改革を実施しなければならない。EUは、具体的な提案の提示や他のWTOのパートナーとの建設的な対応を通じて、この取り組みの先頭に立ってきており、今後もそれは続く。

 

上級委員会の機能停止を予想し、EUは、WTOのルールを尊重し、法的拘束力のある形で紛争を処理し続ける用意があるパートナーに対し、暫定的な上訴手法を提案した。

欧州委員会は近く、他者が現行制度を妨害するようなら、国際貿易に関する自身の権利を行使し続けるために、さらなる提案を発表する」

 

EUについてさらに知りたい場合は日本語のオンラインマガジン『EU MAG』をご覧下さい

Languages:
編集セクション: