European Union Delegation to Singapore

ボレルEU上級代表とレナルチッチ危機管理担当欧州委員のシリアの越境支援に関する声明

Brussels, 12/07/2020 - 17:33, UNIQUE ID: 200712_4
Joint Statements

EU News 192/2020

<日本語仮抄訳>

ジョセップ・ボレル欧州連合(EU)外務・安全保障政策上級代表兼欧州委員会副委員長と同委員会のヤネス・レナルチッチ危機管理担当委員は、以下の声明を発表した。

「国連安全保障理事会は11日、シリア紛争に苦しむ人々を助けるために不可欠な、支援物資の越境搬入に関する、切望されていた決議を採択した。

われわれは、シリア国民に不可欠な越境支援の維持を確保するために同決議を採択するための、決議案草案を担当したドイツとベルギー、また他の全EU加盟国と国連安保理で志を同じくする国々の不断の努力に感謝したい。

しかしながら、採択された決議が、ロシアと中国による度々の拒否権行使のため、今まで国連に認められていた2カ所の搬入地点のうち1つしか認めていないことには深く懸念している。国連安保理における一部のメンバーの非建設的な態度は、かつてないほどに必要性が高まっている中において、また新型コロナウイルス感染症のパンデミックの文脈において、とりわけ残念である」

 

EUについてさらに知りたい場合は日本語のオンラインマガジン『EU MAG』をご覧下さい

Tags: