駐日欧州連合代表部

EEAS RSS Feeds

Displaying 871 - 880 of 889

1月17日に行われた欧州議会議長選挙で、決戦投票の結果、アントニオ・タヤーニ議員(欧州人民党、イタリア出身)が351票を獲得し、282票を獲得したジアンニ・ピテラ議員(社会民主グループ、イタリア出身)を下し、新議長に選出された。

Languages:

フェデリカ・モゲリーニ欧州連合(EU)外務・安全保障政策上級代表兼欧州委員会副委員長は、シリアとその周辺地域の将来に関する国際会議を今春ブリュッセルで開催すると発表した。発表は、上級代表が議長を務めた今年初めてのEU外務理事会後に行われた。

イランとの包括的共同計画履行1周年を迎えたモゲリーニEU上級代表の声明

Languages:

バーレーンにおける死刑執行を受けたEU報道官の声明

Languages:

EU代表団、キプロス和平会議に参加

Languages:

フェデリカ・モゲリーニ欧州連合(EU)外務・安全保障政策上級代表兼欧州委員会副委員長は本日、他の欧州委員会メンバーと共に、今年前半にEU理事会の議長国を務めるマルタの発足式典出席のため、同国の首都ヴァレッタを訪れた。

Languages:

欧州委員会は本日、2015年5月に提示されたデジタル単一市場戦略の一環として、欧州連合(EU)のデータ経済の自由化を図るための政策と法的措置を提案した。

Languages:

欧州委員会は、新たな商機を開きながらも、電子通信における個人情報の保護を強化するための新たな法律を提案した。

Languages:

出張授業「EUがあなたの学校にやってくる」 - 2017年「EUがあなたの学校にやってくる」

Languages:

<日本語仮訳>

駐日EU代表部および駐日EU加盟国大使と駐日ノルウェー王国およびスイス大使は、以下の声明を発表した。

「11月11日、日本で1人の死刑囚に対する刑が執行され、2012年3月以来、死刑に処された23人に加わることとなった。日本弁護士連合会が、2020年までに死刑制度の廃止を目指すとする内容の宣言を採択しておよそ1カ月後の執行である。欧州連合(EU)、その加盟国、ノルウェーおよびスイスは、一貫して、かつ繰り返し、日本当局に対し、2012年3月まで20カ月にわたり死刑が執行されなかったことを思い起こし、モラトリアム(執行停止)を導入するよう求めてきた。

EUは死刑に対し、強固で原則に基づいた立場を取っており、いかなる状況においても極刑に反対している。死刑は残忍かつ冷酷であり、犯罪抑止効果があるとは全く示されてない。さらに、誤りはどの司法制度でも避けられず、極刑の場合は不可逆である。我々は、世界中での死刑廃止を積極的に追求し続ける決意である。

EUは、日本国内外において、日本の現行制度の徹底した見直しを求める全ての人々と手を携える」

Languages:

Pages