駐日欧州連合代表部

EU理事会、イランの人権侵害に対する制裁の年次見直しを終了

Brussels, 12/04/2021 - 15:36, UNIQUE ID: 210412_12
Press releases

EU News 93/2021

<日本語仮訳>

欧州連合(EU)理事会は本日、イランでの深刻な人権侵害に対して科した制限的措置を、2022年4月13日まで延長すると決定した。これらの措置とは渡航禁止と資産凍結および国内抑圧に使用し得る用具や通信を監視するための機器の同国への輸出禁止である。さらに、EUの市民・企業は、対象の個人・団体に対し資金を提供することが禁止されている。

これらの措置は、2011年に初めて導入され、それ以降は毎年延長されてきた。

EU理事会は本日また、イランで2019年11月のデモに対する暴力的な対応における役割に鑑み、制裁対象リストに新たに8個人と3団体を加えた。この結果、同リストには89個人と4団体が掲載されることとなった

 

EU MAG」の関連記事

世界的に注目を集めるEUの制裁の仕組み 2014年8月号 政策解説

EUについてさらに知りたい場合は日本語のオンラインマガジン『EU MAG』をご覧下さい

Languages: