駐日欧州連合代表部

「チーム・ヨーロッパ」、世界の新型コロナ対策を支援して1年

08/04/2021 - 16:23
News stories

EU News 91/2021

 

<日本語仮抄訳>

1年前、世界がまだ、新型コロナウイルス感染症のパンデミックへの対応を学びつつあった中、欧州連合(EU)とその加盟国は、このウイルスのまん延を制御する唯一の方法として、国際支援を提供する必要性を認識した。EU、その加盟国および欧州の金融機関の資源を束ねた「チーム・ヨーロッパ」は、パンデミックに対応しようとするパートナー諸国の取り組みを支援するために生まれた。

本日、「チーム・ヨーロッパ」の発足1周年を迎える。200億ユーロという当初約束された支援はこの間に倍増し、2021年初頭にはこの額の65%が世界各地のパートナー諸国の最も脆弱な立場に置かれているコミュニティーの支援に向けられた。

EUは、全ての人が安全であると確信できるまで共同行動を継続することを呼び掛けている他の国際的パートナーと連携している。EUは、中低所得国へのワクチン提供のために高所得国が資金拠出する国際的取り組みである「COVAXファシリティ」の創設に主導的役割を担い、22億ユーロ超を投入した「チーム・ヨーロッパ」は、その最大支援者の一つである。

今日まで、130カ国以上がEUの支援の恩恵を受けてきた。2020年だけで「チーム・ヨーロッパ」の人道的ニーズへの緊急対応として32億ユーロ、保健や飲料水・衛生システムの強化に35億ユーロおよびパンデミックの社会・経済的影響の緩和に195億ユーロを拠出している。

 

EU MAG』の関連記事

連帯して域内外の新型コロナ危機に対応するEU 2020年5・6月号 特集

EUについてさらに知りたい場合は日本語のオンラインマガジン『EU MAG』をご覧下さい

Languages: