駐日欧州連合代表部

EUと新型コロナウイルス感染症ワクチン

17/02/2021 - 10:00
News stories

EUと新型コロナウイルス感染症ワクチン

 

日本は2021年2月17日、欧州のバイオ医療の新興企業ビオンテックが開発し、米国のファイザー社と共同製造する画期的な新型コロナウイルス感染症ワクチンの接種を開始した。欧州連合(EU)は、同感染症がパンデミックと認定されて数週間も経たないうちから、既に世界中の人々の利益となるべく、ワクチン開発の先頭に立ってきた。

EU市民向けに23億回分以上を確保

安全かつ効果的なワクチンは、人類が新型コロナウイルス感染症のパンデミックから最終的に脱する道筋である。加盟27カ国に委ねられ、欧州委員会はEU市民のために公正な価格で多様なワクチンを揃えるために集中的に交渉してきた。これまでに6つの有望なワクチン開発者と契約を交わしており、その結果23億回接種分以上を確保している。

欧州委員会は現時点までに、欧州医薬品機関(EMA)が安全性と効果について前向きに判断したことを受け、ビオンテック(ドイツ)とファイザー(米)、モデルナ(米)およびアストラゼネカ(英国・スウェーデン)に対し、条件付き製造販売承認を行った。

欧州委員会はまた、ノヴァヴァックス(米)とヴァルネヴァ(フランス)とそれぞれ最大2億回分と最大6,000万回分の購入に向け予備的協議を終えている。

ワクチンの開発と製造に向けたEUの投資

ワクチンの開発は複雑かつ長いプロセスで、通常は10年ほどかかるものだ。欧州委員会は、EUワクチン戦略を通じて、厳格かつ強固な承認手続きや安全基準を確保しつつ、安全かつ効果のあるワクチンの開発と提供を遅くとも12カ月から18カ月の間に短縮して行うための取り組みを支援してきた。これには、臨床試験と並行して成果のあったワクチンを何百万回分、もしくは何十億回分製造する能力を確保するための投資をする必要がある。

欧州委員会と各EU加盟国が協力する「チーム・ヨーロッパ」としてのアプローチとして、欧州委員会は総額27億ユーロのEU「緊急支援手段」の一部を使い、ワクチン製造者の先行コストの一部を賄う。この支援は、実際各加盟国が購入するワクチンの手付金として扱われる。追加支援は、欧州投資銀行の融資を通じても可能だ。この手法により、企業側のリスクは軽減され、かつ製造は加速・増加する。

ワクチン輸出における透明性および世界中への公平な分配

1月30日、EUは、新型コロナウイルス感染症ワクチンの域外への輸出に対して、事前承認を求める2021年3月末日までの限定的かつ一時的な措置を採択した。

その重要な目的は、世界中の何十億の人々の希望がこれらワクチンをできるだけ早く入手することに掛かっているときに、透明性を確保することにある。この制度は輸出禁止措置ではなく、的を絞り、目的に照らして相応で、透明かつ一時的で、世界貿易機関(WTO)の下でのEUの義務と一致するような形で実施される。現下の世界的なワクチン不足に鑑み、世界各地への平等な配分を確実にすることは極めて重要である。

詳細はこちら:https://eeas.europa.eu/delegations/japan/92576/node/92576_ja

地球規模の公益のためのワクチン支援

今般のパンデミックを終息させるためには世界的な団結が重要である。全ての人々が安全でなければわれわれも安全ではない。EUは、新型コロナウイルス感染症ワクチンが世界の公益となるべく取り組んでいる。だからこそ、われわれのワクチンとの闘いにおける全ての行動において多国間主義とパートナーシップを重んじている。

2020年5月EUは、日本を含むパートナーとともに「新型コロナウイルス・グローバル対応」誓約マラソンを共催し、ワクチンの共同開発と世界的な分配、治験、治療のために159万億ユーロの資金が集まった。これにより、通常は数年かかるプロセスを1年未満に速めることを後押しした。

EUとパートナーは、Access to COVID-19 Tools Accelerator (ACTアクセラレーター)イニシアチブを構築し、新型コロナウイルスワクチンが最も必要とされている人々に届くことを担保するために政府および製造者をまとめるための「COVAX」がワクチン分配の柱となった。現在まで、チーム・ヨーロッパは「COVAXファシリティ」85,000万ユーロの支援を供給し、2021年末までに92の低・中所得国に対し、13億回分のワクチンを確保することを支援してきた。

2月3日に発表された、2021年上半期におけるCOVAXワクチン分配の初回分の供給予測は、パンデミックとの闘いにおける世界的な取り組みにおいて重要な進展である。

Languages:
編集セクション: