駐日欧州連合代表部

ミャンマー情勢を受けたボレルEU上級代表の声明

ブリュッセル, 01/02/2021 - 09:04, UNIQUE ID: 210201_2
Statements by the HR/VP

EU News 29/2021

<日本語仮訳>

ジョセップ・ボレル欧州連合(EU)外務・安全保障政策上級代表兼欧州委員会副委員長は、以下の声明を発表した。

「ミャンマー国軍によるクーデターを強く非難する。これは、同国憲法の明らかな違反であり、軍がミャンマー国民の意思と、彼らが2020年11月の総選挙で示した民主主義への強い執着を覆そうとする行為である。ウィン・ミン大統領やアウン・サン・スー・チー国家顧問はじめ、逮捕された人々全員が即刻かつ無条件で解放されなければならない。EUは、ミャンマーの正統な文民政府の即時復権と、同国憲法が想定する、全ての選ばれた代表が参加する議会の素早い開会を求める。

本日のミャンマー国軍の行為は、過去何十年の痛ましい記憶を呼び起こす。民主主義は打ち勝たなければならない。われわれは、この喫緊の問題について、連携の取れた対応ができるよう、国際的パートナーと連絡を取り合っている」
 

 

EUについてさらに知りたい場合は日本語のオンラインマガジン『EU MAG』をご覧下さい。