駐日欧州連合代表部

ミシェル欧州理事会議長、ギリシャで移民・難民問題への対応を約束

Brussels, 15/09/2020 - 18:13, UNIQUE ID: 200916_1
Press releases

EU News 247/2020

<日本語仮抄訳>

シャルル・ミシェル欧州理事会議長は9月15日、ギリシャの首都アテネと同国レスボス島のモリア難民キャンプを訪問した。議長は同国のキリアコス・ミツォタキス首相と会談後、「移民・難民問題は、最前線に置かれている一部の欧州連合(EU)加盟国の課題だけではなく、EU全体の課題てある」と述べた。

議長は、欧州委員会がこの課題に対するEUの具体的対応の土台となる新たな提案を近く発表する予定であるとも述べた。

議長はレスボス島で、先日火災で焼失したモリア難民キャンプを訪れ、「行き場を失った人々の置かれている状況に深い衝撃を受けている」と述べた。「難民たち、レスボス島民および全ての人道支援関係者との連帯を表明したい」とも述べた。

 

EUについてさらに知りたい場合は日本語のオンラインマガジン『EU MAG』をご覧下さい

Languages:
編集セクション: