駐日欧州連合代表部

欧州委員会委員長、ドイツのEU理事会議長国の開始に際し、来る6カ月の重要性を強調

Brussels, 02/07/2020 - 12:05, UNIQUE ID: 200703_1
Press releases

EU News 180/2020

<日本語仮抄訳>

欧州委員会の委員たちは本日、ドイツが欧州連合(EU)理事会の議長国に就いたのを受け、テレビ会議方式で同国政府と会談した。ウルズラ・フォン・デア・ライエン欧州委員会委員長は、EUの将来の大方がこれからの6カ月で決まるため、ドイツの議長国就任は重大な時と重なると指摘した。

会談終了後の記者会見で委員長は、「われわれは(新型コロナウイルス感染症)の危機を乗り越えねばならないだけでなく、EU域内の近代化の道を今後も勇気をもって歩み続けたいし、そうしなければならない」と述べた。「危機以前に欧州が直面していた最も深刻な課題は、危機収束後であっても変わらない。すなわち、気候変動、デジタル化および世界における欧州の位置付けだ」

委員長は、新型コロナウイルス危機が対応のペースを支配している中、「次世代EU」と長期EU予算に関する欧州理事会(EU首脳会議)での合意を早急に得る必要性があることあらためて触れた。「われわれが一日遅れるごとに、人々は職を失い、企業は破綻し、われわれの経済は弱体化していく」と述べた。

 

EU MAG』の関連記事

EU理事会と議長国について教えてください 2017年5月号 質問コーナー

2021年~2027年の次期EU予算について教えてください 2020年5・6月号 質問コーナー

EUについてさらに知りたい場合は日本語のオンラインマガジン『EU MAG』をご覧下さい

Languages:
編集セクション: