駐日欧州連合代表部

欧州委員会、次世代へ十分な雇用を引き継げるよう、若年雇用支援策を発表

Brussels, 01/07/2020 - 12:00, UNIQUE ID: 200702_3
Press releases

EU News 177/2020

<日本語仮抄訳>

欧州委員会は本日、若者の潜在能力を、欧州連合(EU)の未来を形作り、グリーンおよびデジタルな経済社会への移行を生き抜いていけるよう、最大限に引き出すためにできる限りの機会を与えるべく、行動に出る。新型コロナウイルス感染症のパンデミックは、多くの若者が労働市場に入ろうとするときに直面する、しばしば厳しい状況を浮き彫りにした。素早い行動が必要だ。今こそ、次世代に注意を払うべき時である。

欧州委員会はこの機会を捉え、グリーンおよびデジタルな経済社会への移行を、EUの若年者・雇用政策に深く染み込ませる。「次世代EU」と銘打った基金と次期EU予算を通じて、欧州委員会は既に若年雇用のために相当額のEU資金の提供を提案してきた。この先は、EU加盟国がこれらの投資に優先順位をつける番だ。若年雇用支援には少なくと220億ユーロが拠出されるべきである。

 

EU MAG』の関連記事
2021年~2027年の次期EU予算について教えてください 2020年5・6月号 質問コーナー

EUについてさらに知りたい場合は日本語のオンラインマガジン『EU MAG』をご覧下さい

Languages:
編集セクション: