駐日欧州連合代表部

EU、新型コロナウイルスの影響を受けている航空会社支援のため、発着枠使用義務の免除を採択

Brussels, 30/03/2020 - 12:39, UNIQUE ID: 200330_4
Press releases

EU News 76/2020

<日本語仮抄訳>

欧州連合(EU)は、2020年10月24日まで、確保している発着枠を翌年も維持するためにその80%以上を使用することを航空会社に義務付けている発着枠要件を一時停止する。本日EU理事会が採択した権利放棄は、航空各社が、今般の新型コロナウイルス感染症危機がもたらした航空交通量の劇的減少に対応できるようにするためのものである。

この決定は、2020年3月1日から10月24日まで適用される。EU・中国間、もしくはEU・香港間のフライトについては、遡って2020年1月23日から2月29日までにも適用される。適用開始日の1月 23日は、中国当局が最初に空港を閉鎖した日である。

現在の深刻な状況が継続するようであれば、今回の措置は、欧州委員会委任法によって、迅速に延長できる。欧州委員会は状況を監視し、2020年9月15日までにEU理事会に報告する。

 

『EU MAG』の関連記事

新型コロナウイルス感染症の経済的影響に対するEUの協調策 2020年3・4月号

EUについてさらに知りたい場合は日本語のオンラインマガジン『EU MAG』をご覧下さい

Languages:
編集セクション: