駐日欧州連合代表部

EU理事会、2020年の国連人権関連会合におけるEUの優先事項に関する結論を採択

Brussels, 17/02/2020 - 10:55, UNIQUE ID: 200218_1
Press releases

EU News 35/2020

<日本語仮抄訳>

欧州連合(EU)理事会は、本日、今年開催される各種国連人権関連会合におけるEUの優先事項に関する結論を採択した。

本年、国連憲章発効75周年を迎えるに当たり、EU理事会の結論は、人権擁護をその重要な一部とする、ルールに基づく国際秩序に対するEUのコミットメントを再確認するものである。

同結論では、EU理事会は、2020年を通じた対外行動の優先事項として、国連の人権体制を積極的に支持、擁護および促進するというコミットメントをあらためて表明した。特に、国連人権委員会、国連総会、国連安全保障理事会など関連会合の枠組みにおいてなど、人権に対するコミットメントを実現するためにあらゆる手段を引き続き行使し、世界の人権侵害を非難するとした。

また同結論は、EUは、人権と環境の関連性および人権擁護に関するデジタル技術の重要性に一層の注意を払うとしている。またEUは、死刑と拷問への反対、説明責任の促進、国際人権法、基本的自由、非差別、子どもの権利、世界中の人権活動家の支援など、人権に関するテーマ別の優先事項を追求する。

 

EU MAG』の関連記事

国連と協調して世界で人権を擁護・推進するEU 2018年5・6月号

EUについてさらに知りたい場合は日本語のオンラインマガジン『EU MAG』をご覧下さい

Languages:
編集セクション: