駐日欧州連合代表部

欧州委員会、日本と航空安全分野での協力を強化

東京, 29/07/2019 - 03:55, UNIQUE ID: 190730_1
Joint Statements

EU News 137/2019

<日本語仮抄訳>

欧州委員会と日本は本日、安全協力を高め、欧州連合(EU)の航空部門の市場アクセスを円滑にするための民間航空安全協定に関する交渉を完了させ、両者間の航空協力を強化することに合意した。同協定は、欧州委員会の「欧州のための航空戦略」の下での成果である。

民間航空安全協定は、航空機の認証・検査活動における不要な重複を取り除き、航空業界のコストを削減し、民間航空安全と環境適合性を強化することを目指したEUと日本の民間航空当局間協力を促進する。

民間航空安全協定は、航空機輸出の取引コストを減らす一方、相手国が高い安全水準を維持することを確実にし、全世界での製品基準の調和の一助となる。EUは既に、米国、ブラジル、カナダといった主要航空パートナーと同様の協定を締結し、最近中国と協定に署名した。

今後、EUと日本双方は互いの内部手続きを終え、できるだけ早期の協定署名に進む。


『EU MAG』の関連記事
欧州航空部門のさらなる成長を目指す新航空戦略」 2016年6月号 特集
 

Languages:
編集セクション: