駐日欧州連合代表部

EU、災害や紛争で教育を受けられない子どもたちへの過去最大の支援を発表

Brussels, 14/05/2019 - 12:10, UNIQUE ID: 190515_1
Press releases

EU News 88/2019

<日本語仮抄訳>

欧州委員会は本日、2019年に「緊急時の教育」プロジェクト向けに過去最大の1億6,400万ユーロを拠出すると発表した。また、国際的な有名人やベルギーの著名人および約400人の学生と共に、欧州の若者の間でこの問題に対する認識を高め、連帯を促すためのソーシャルメディアを通じたキャンペーンを開始した。

欧州連合(EU)が人道危機に巻き込まれた子どもへの支援を増加した2015年から2018年までの間に、危機の影響を受けた55カ国の650万人以上の子どもや先生が、EUの資金援助により、質の高い教育や研修へのより良いアクセスといった恩恵を受けた。

危機の影響を受けている世界各地の全ての少年少女に教育へのアクセスを確保することの必要性について認識を高めるため、緊急事態ゆえに学校に通えない世界中の少年少女との連帯を示すことを欧州の若者たちに促す、「Raise Your Pencil(鉛筆を掲げよう)」キャンペーンが本日発足した。同キャンペーンは2019年9月まで続き、欧州各国で生徒や学生が学年度の終了を迎える時期と、夏季休暇を終え新学年度で学校に戻る時期の両方を対象とする。欧州委員会は、あらゆる人に対し、学校と教育の普遍的なシンボルである鉛筆を使ったソーシャルメディア上のキャンペーンで、万人に教育の機会を与える(#School4All)ために鉛筆を掲げる(#RaiseYOurPencil)ことを奨励したい。

 

EUについてさらに知りたい場合は日本語のオンラインマガジン『EU MAG』をご覧下さい。

Languages:
編集セクション: