駐日欧州連合代表部

EU理事会、工業製品の関税撤廃と適合性評価について、米国と交渉を開始することを承認

Brussels, 15/04/2019 - 12:10, UNIQUE ID: 190416_2
Press releases

EU News 72/2019

<日本語仮抄訳>

欧州連合(EU)理事会は本日、欧州委員会に対し、以下2つの協定について、米国と交渉を開始する権限を付与することを承認した。

  • 農産品を除く、工業製品の関税撤廃に限定した貿易協定
  • 企業がEU域内で高い保護レベルを維持しながら、EUと米国双方で自身の製品が技術的条件に適合していることを証明しやすくすることで非関税障壁の撤廃を目指す、適合性評価に関する協定

EU理事会はまた、米国との交渉開始を承認する決定と、それに付随した交渉指令の双方を公表することを決定した。

これによりEUは米国と交渉を開始する用意ができた。これらの交渉は、ジャン=クロード・ユンカー欧州委員会委員長と米国のドナルド・トランプ大統領が昨年7月に発表した共同声明を受けて、厳密に定義された課題を対象とする。今回与えられた交渉権限はまた、2013年6月に合意された環大西洋貿易・投資パートナーシップ(TTIP)協定に向けた交渉指令は、廃止され、もはや無関係であることを明確にしている。

 

EUについてさらに知りたい場合は日本語のオンラインマガジン『EU MAG』をご覧下さい。

Languages:
編集セクション: