駐日欧州連合代表部

EU理事会、乗用車と商用車の二酸化炭素排出基準の厳格化を了承

Brussels, 15/04/2019 - 10:55, UNIQUE ID: 190416_1
Press releases

EU News 71/2019

<日本語仮抄訳>

欧州連合(EU)は、乗用車と小型商用車の二酸化炭素排出について、より厳しい基準を設定することで、道路輸送をよりクリーンなものにしようとしている。これにより、EUは自身の気候変動に関する目標達成に近づき、また自動車メーカーが温室効果ガスの削減努力に貢献するよう担保する。

本日EU理事会が採択した規制は、2030年以降の新車について、2021年比で二酸化炭素排出を乗用車は平均で37.5%、商用車は平均で31%減らすことを目的としている。2025年から2029年の間に、乗用車と商用車は、二酸化炭素排出を15%削減する必要がある。これらはEU全体としての目標である。二酸化炭素削減の取り組みは、自動車メーカーの全生産車両の平均重量に基づき、企業間で割り振られる。

 

EUについてさらに知りたい場合は日本語のオンラインマガジン『EU MAG』をご覧下さい。

Languages:
編集セクション: