駐日欧州連合代表部

サイバー空間におけるルールに基づく秩序の尊重に関するEUの声明

Brussels, 12/04/2019 - 15:32, UNIQUE ID: 190412_9
Statements on behalf of the EU

EU News 69/2019

<日本語仮抄訳>

フェデリカ・モゲリーニ欧州連合(EU)外務・安全保障政策上級代表兼欧州委員会副委員長は、EUを代表して以下の声明を発表した。

「EUとその加盟国は、人権、基本的自由および法の支配を尊重する、開かれて安定した、安全なサイバー空間を断固として支持している。サイバー空間は、社会的・政治的・経済的発展に大きな機会を提供する。

EUとその加盟国は、インターネットを利用した知的財産の盗難の増加を含む、EUの一体性、治安および経済的競争力の弱体化を目的とした、サイバー空間での悪意ある行動を懸念している。情報通信技術の悪用は、紛争のリスクを高める、不安定化や連鎖する効果につながりうる。

EUとその加盟国は、当事者に対しこのような悪意ある行動を止めるよう求め、全てのパートナーに対し、サイバー空間における安全と安定を促進する国際協力を強化するよう呼びかける。われわれは、このような悪意ある活動の無力化を目指す行動を追求し、このために国際的パートナーとの強力を強化したいと考える。

EUとその加盟国は常に、サイバー空間がEU域内およびその外交・安全保障政策にもたらす課題について監視と対応を続けている。われわれの取り組みの目指すところは、サイバーレジリエンスを強化し、企業や市民の認識を高めるほか、外交手段の活用を通じて対応することである」

 

EUについてさらに知りたい場合は日本語のオンラインマガジン『EU MAG』をご覧下さい。