駐日欧州連合代表部

英国下院の脱退協定案の採決を受けた欧州委員会の声明

Brussels, 29/03/2019 - 15:12, UNIQUE ID: 190401_1
Press releases

EU News 55/2019

<日本語仮訳>

「欧州委員会は、英国下院の同国の欧州連合(EU)脱退協定案の否決を遺憾に思う。3月22日の英国を除くEU加盟国が参加した欧州理事会会合の決定のとおり、EU条約第50条3項で認められる期間は4月12日まで延長される。同日までに、欧州理事会が検討する今後の方向性を英国側が提示する。

4月12日に『合意なき』脱退となることが、起こりうるシナリオとなった。EUは2017年12月からこのような事態に向けた準備を進めてきており、4月12日の真夜中の『合意なき』脱退に対する準備は完全にできている。EUは引き続き、結束している。移行期間を含む脱退協定案の利益は、合意のない脱退の場合は適用されない。分野ごとの小規模の協定という選択肢もない」

 

『EU MAG』の関連記事

EU・英国間の脱退協定案について教えてください 2019年1・2月号 質問コーナー

EUについてさらに知りたい場合は日本語のオンラインマガジン『EU MAG』をご覧下さい。

Languages:
編集セクション: