駐日欧州連合代表部

欧州委員会、5Gのセキュリティーに対するEU共通の取り組みを勧告

Strasbourg, 26/03/2019 - 16:06, UNIQUE ID: 190327_2
Press releases

EU News 50/2019

<日本語仮抄訳>

欧州委員会は本日、欧州連合(EU)の第5世代移動通信システム(5G)ネットワークの高レベルのサイバーセキュリティーを確保するための一連の運用上の手順と施策を勧告した。

5Gネットワークは、エネルギー、運輸、銀行、健康などの重要な分野の何十億ものモノやシステム、また、機密情報を含み安全システムを支える産業用制御システムをつなぐ、将来のわれわれの社会や経済の柱を形成する。選挙などの民主的プロセスは、ますますデジタルインフラおよび5Gネットワークへの依存度を高めており、5月の欧州議会選挙に先立ち、あらゆる脆弱性への対応の必要性を強調する今般の欧州委員会の勧告はなおさら適切なものである。

3月22日の欧州理事会においてEU加盟国首脳が5Gネットワークの安全に関する協調的取り組みを行うことに支持を表明したのを受け、欧州委員会は本日、5Gネットワークのサイバーセキュリティーのリスクを評価し、予防策を強化する一連の具体的行動を勧告した。同勧告は、われわれの経済、社会および民主的システムを保護することを目的とした立法および政策手段の組み合わせである。5Gの収益が、2025年に2,250億ユーロと見込まれる中、5Gは、EUが世界市場で競争する上での主要な資産であり、そのサイバーセキュリティーはEUの戦略的自立性を確保するために不可欠である。

Languages:
編集セクション: