駐日欧州連合代表部

ユンカー欧州委員会委員長とメイ英国首相を代表した共同声明

Brussels, 07/02/2019 - 12:53, UNIQUE ID: 190208_2
Joint Statements

EU News 18/2019

<日本語仮抄訳>

欧州委員会のユンカー委員長と英国のメイ首相は、本日、英国のEUからの脱退の次の段階について再検討するため会合した。

会合は、とりわけ、EUと英国がともに、開かれた公正な貿易を支持し、気候変動やテロへの取り組みで協力し、ルールに基づいた国際体制を守るといった世界的な課題に直面している中で、将来の強力なパートナーシップを形成するための共通の決意の下、英国のEUからの秩序ある脱退を共に成し遂げようとの姿勢で行われた。

ユンカー委員長は、EUと英国の間の慎重な妥協のバランスを取った、また双方が合意に至るために大幅な譲歩を行ったこの脱退協定について、EU27カ国は再交渉をすることはない、と強調した。しかしながらユンカー委員長は、EU・英国間の将来的関係について言えば、内容と速度においてより野心的になるため、27カ国と英国が合意した政治宣言に文言を付け加えることを受け入れる余地はあるとした。委員長は、いかなる解決策も、欧州議会とEU27カ国の承認を得る必要があることに注意を促した。

話し合いは、遠慮のないものであったが建設的なものでもあった。さまざまな課題がある中、両首脳は、英国議会において可能な限り広い支持を得ることができ、欧州理事会で合意されたガイドラインを尊重した打開策が見出せるか、双方のチームが話し合うべきであるという点において一致した。メイ首相およびユンカー委員長は、これらの話し合いを評価すべく、2月末までに再度会合を持つ。

 

『EU MAG』の関連記事

EU・英国間の脱退協定案について教えてください。 2019年1・2月号 質問コーナー

 

Languages:
編集セクション: