駐日欧州連合代表部

単一通貨ユーロ、20周年を迎える

Brussels, 31/12/2018 - 00:13, UNIQUE ID: 190104_1
Press releases

EU News 289/2018

<日本語仮抄訳>

欧州連合(EU)の共通通貨であるユーロは2019年1月1日に20歳を迎える。ちょうど20年前の1999年1月1日、11のEU加盟国がユーロという共通通貨を発足させ、欧州中央銀行の下、金融政策を共有した。

この歴史的瞬間は、欧州に安定と繁栄をもたらすという大きな目標への意欲に駆られた旅の節目となった。今日では、まだ発足から日が浅いユーロは既に19のEU加盟国の3億4,000万人が使用する通貨となった。ユーロは欧州の家庭、企業、政府全てに対し、物価の安定、取引コストの軽減、保護された預貯金、より透明で競争力ある市場および貿易の拡大といった目に見える利益をもたらしてきた。世界の60カ国近くが何らかの形で自身の通貨をユーロと結びつかせている。ユーロが国際通貨としてその役割を全面的に果たせるようにすることは可能で、EUはそのような取り組みを進めてもいる。他のEU加盟国も、基準を満たせば、ユーロ圏に参加することになっている。

 

『EU MAG』の関連記事

リトアニアが2015年からユーロを導入 2014年9月号 ニュースの背景

Languages:
編集セクション: