駐日欧州連合代表部

EU、COP24でパリ協定の実施に向けたルールと実施指針の採択を目指す

Brussels, 03/12/2018 - 13:30, UNIQUE ID: 181204_1
Press releases

EU News 272/2018

<日本語仮抄訳>

 

本年の国連気候変動枠組条約第24回締約国会議(COP24)は、締約国が歴史的なパリ協定を世界中で実行に移すことを可能にする詳細なルールと実施指針――パリ「作業計画」――の確定を目指す、パリ協定実施のための重要な局面となる。

2015年にパリで合意された内容と一致する堅固で運用可能な作業計画は、全ての締約国が協定の長期目標の達成に向け各々の貢献を実行し、監視し、漸進的に強化することを可能にするために不可欠である。

欧州連合(EU)のミゲル・アリアス・カニェテ気候行動・エネルギー担当欧州委員は、「これは、3年前の歴史的な約束を遂行するためには非常に重要な節目である。われわれが今必要とするのは、全ての国が真に低炭素で気候変動に対する耐性のある未来へ移行できるようなパリ作業計画を確定させるための、政治的意思と勇気である。欧州委員会はつい先週、2050年までに気候中立な経済を達成するための戦略的ビジョンを提示したばかりで、EUはこの問題についてリーダーシップを発揮している」と述べた。

Languages:
編集セクション: