駐日欧州連合代表部

イランの犯罪時に未成年だった死刑囚に対する刑執行を受けたEU報道官の声明

Brussels, 02/10/2018 - 21:29, UNIQUE ID: 181002_13
Statements by the Spokesperson

EU News 228/2018

<日本語仮訳>

「夫殺害の罪で2014年10月に死刑判決を受けたゼイナブ・セカーンヴァンド(24)に対する刑が、2018年10月2日、執行された。

少女花嫁であったセカーンヴァンドさんは、家庭内暴力の被害者であったとの情報もあり、一貫して無罪を主張し、自白は拷問された結果のものとして撤回していた。

18歳未満の者が犯した罪に対し死刑を言い渡し執行することは、『市民的および政治的権利に関する国際規約』と『子どもの権利条約」の下でのイランの国際的義務に反している。

欧州連合(EU)は、いかなる状況においても、また例外なく、死刑に反対しており、その完全廃止を目指している」

 

『EU MAG』の関連記事

「死刑制度のない世界」を目指すEUの取り組み 2014年9月号 特集

Languages: