駐日欧州連合代表部

EU、欧州・アジア連結戦略を強化

Brussels, 19/09/2018 - 12:00, UNIQUE ID: 180920_1
Press releases

EU News 213/2018

<日本語仮抄訳>

欧州委員会と欧州連合(EU)外務・安全保障政策上級代表は本日、欧州とアジアをよりよく連結させるための新しいかつ包括的な戦略に向けたEUの展望を示す共同コミュニケーション(政策文書)を採択した。

同共同コミュニケーションは、EUが、加盟国間や他の地域と、もしくは他の地域内で連結を強めてきた自身の経験を土台にしている。持続可能で包括的な、ルールに基づく連結性をその中心に据えた同文書は、この分野におけるEUの対外行動を導く一助となり、EUグローバル戦略の実行の一部である。

欧州とアジアを連結させるためのEU戦略の要素に関する共同コミュニケーション全文(英語)はこちら

フェデリカ・モゲリーニ上級代表兼欧州委員会副委員長は、「連結性は、未来への道筋である。われわれの間の繋がりが増えるほど、共通の政治的解決策を見つけ、市民に経済的繁栄をもたらす機会が増える」と述べた。「われわれの手法はEUのやり方である。すなわち、全分野において、共通のルールの尊重に基づき、より強力なネットワークを構築し、持続可能な連結性のためのパートナーシップを強化するやり方である。これこそが欧州の、またアジアの人々のために、課題に取り組み、機会を捉えるEUの手法である」

EUのやり方での連結性: 持続可能かつ包括的でルールに基づくもの

EUは、連結性に対し原則に基づいたアプローチと、アジアは経済モデルや発展の度合いにおいて非常に多様な国々が存在するさまざまな地域で構成されているとの認識とを、以下の3点に基づく具体的な行動と組み合わせる。

1. 輸送網の接続、エネルギー・デジタルネットワークおよび人的繋がりの構築

2. アジアの国々や機関への連結性パートナーシップの提供

3. 多様な資金ツールの活用を通じた持続可能な資金調達の促進

 

輸送網、エネルギー、人的およびデジタルのネットワークを通じてより良く繋がっている欧州とアジアは、社会や地域のレジリエンスを高め、貿易を円滑化させ、ルールに基づく国際秩序を促進し、より持続可能で低炭素の未来に向けた道筋を生み出す。今般の共同コミュニケーションは、欧州およびわれわれの連結性に対するアプローチに価値を見出す国々の市民に利益をもたらす、EUの欧州近隣から太平洋までのパートナーへの関与を広く伝えるものである。

 

Languages:
編集セクション: