駐日欧州連合代表部

米朝首脳会談の結果を受けたモゲリーニEU上級代表の声明

Brussels, 12/06/2018 - 12:28, UNIQUE ID: 180612_7
Statements by the HR/VP

EU News 134/2018

<日本語仮訳>

フェデリカ・モゲリーニ欧州連合(EU)外務・安全保障政策上級代表兼欧州委員会副委員長は本日、以下の声明を発表した。

「本日の米国大統領と朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の指導者の間の首脳会談は、朝鮮半島の永続的な平和には外交という道しかないとのわれわれの強い確信を再確認させるものであった。外交の道を追求することはしばしば困難だが、必ず報われるものだ。今回の首脳会談は、文在寅韓国大統領の指導力、英知および決意のおかげでこれまでに南北関係と朝鮮半島で達成されてきた前向きな動きに立脚するには非常に重要かつ必要な一歩であった。

今もなお、最終的な目標は、国際社会全体が共有し、国連安全保障理事会が表明した通り、朝鮮半島の完全かつ検証可能で不可逆的な非核化である。本日米朝首脳が署名した共同声明は、この目標が達成可能なものであることを明確に示している。

国際原子力機関と包括的核実験禁止条約の役割を含む国際的な核不拡散体制の強力な支持者であるEUは引き続き、今後の継続交渉や、信頼を醸成し、核兵器のない朝鮮半島に永続的な平和・安全および繁栄を確実にするような、その他の措置の促進と支援をする用意がある」

『EU MAG』の関連記事

EUと北朝鮮の関係について教えてください 2018年3・4月号 質問コーナー

Languages:
編集セクション: