駐日欧州連合代表部

イラン核合意に関するトランプ米大統領の発表を受けたEUの声明

Bruxelles, 09/05/2018 - 12:00, UNIQUE ID: 180510_14
Press releases

EU News 94/2018

<日本語仮訳>

フェデリカ・モゲリーニ欧州連合(EU)外務・安全保障政策上級代表兼欧州委員会副委員長は、EUを代表して以下の声明を発表した。

「EUはイランの核問題に関する包括的共同作業計画(JCPOA)から離脱するとのドナルド・トランプ大統領の発表を深く遺憾に思う。

国連安全保障理事会決議第2231号で全会一致の支持を受けた同計画は、国際的な核不拡散構造の主要要素であり、地域の安全保障に不可欠である。

イランがこれまで通り、また国際原子力機関の連続した10件の報告書でも確認されているように核関連の約束を順守し続ける限り、EUは今後も核合意の完全かつ効果的な実行の継続に注力し続ける。

核関連制裁の解除はこの合意に不可欠な部分である。EUは、制裁解除がイランとの貿易・経済関係に前向きな影響を与えてきたと幾度にもわたり強調してきた。EUは、これが引き続き遂行されることへの決意を強調する。

JCPOAは、12年にわたる外交の集大成であり、これまで機能し、その主たる目的を達成しつつある。EUは、国際社会と協力し、この合意を維持する決意である」

 

『EU MAG』の関連記事

イラン核合意でEUが果たした役割は? 2015年10月号 質問コーナー

 

© European Union, 2018

Languages:
編集セクション: