駐日欧州連合代表部

ICT週間: 日EU・ICT戦略ワークショップ(第7回)

Brussels, 13/04/2018 - 05:15, UNIQUE ID: 180413_2
Press releases

EU News 70/2018

<日本語仮訳>

4月17日から20日まで、欧州委員会通信ネットワーク・コンテンツ・技術総局の代表団が来日する。一行は、いくつかのイベントに参加し、欧州連合(EU)と日本側の主要相手とデジタル関連の重要議題についての討議を深める。

4月17日には、総務省および経済産業省と、政府間の「日EU・ICT戦略ワークショップ(第7回)」が行われる。昨年10月の対話に続き、欧州委員会と日本との間では、デジタルエコノミー、プラットフォーム、第5世代移動通信システム(5G)、サイバーセキュリティーなどの分野に関する専門家レベルの会合および討議が行われてきた。4月17日のワークショップは、専門家レベルの討議を評価することに加え、インターネットガバナンスおよびフラットフォームに関連した他の政策分野について吟味する機会となる。

ワークショップ2日目の4月18日は、ICTに関する産業界・政府間の討議に充てられる。本ワークショップは、規模と重要性が増大し続けており、企業は技術開発を強調し、関連議題を政府と討議する場として活用している。討議ではEUおよび日本におけるICT政策に焦点が当てられる。それには5G/モノのインターネット(IoT)と自動運転、知的財産政策、人工知能とロボティクス、電子認証、次世代ネットワーク、プラットフォーム、個人情報を含むデータエコノミーが含まれる。ワークショップには経団連に代表される日本企業、欧州ビジネス協会(EBC)とデジタル・ヨーロッパ(Digital Europe)に代表される在日欧州企業から高い関心が寄せられている。

代表団は、上記のほか、4月19日には日・EU産業政策対話に出席、また20日には日EUビジネス・ラウンドテーブルに参加し、デジタル単一市場について発表する。

『EU MAG』の関連記事

「デジタル単一市場の構築―次世代を切り開くEUの成長戦略」 2015年6月号 特集

Languages:
編集セクション: