駐日欧州連合代表部

EU、北朝鮮制裁リストに制裁回避活動に関与した17個人を追加

22/01/2018 - 13:53
News stories

EU News 10/2018

North Korea, sanctions, DPRK

<日本語仮訳>

欧州連合(EU)理事会は、資産凍結や渡航禁止の対象を掲載した制裁リストに、17人の個人を追加した。これは、EUが、国連が指定したリストに加えて行っているもので、国連の制裁制度を補完・強化するものである。

このような制裁は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)が、核および弾道ミサイル開発計画を継続かつ加速し、従前の国連安保理決議の甚だしい違反を続けていることに鑑み、同国に圧力をかけ続けるための手段として採択されている。

当該17個人は、違法な通商活動や、外国からのものも含め、国連が科している制裁の回避を促す目的の活動に関わったとして、特定された。

今回の決定で、EUが自らの対北朝鮮制限措置の下で、指定した個人と団体の総数が、それぞれ58個人と10団体となった。加えて、79個人と14団体が、国連の制裁リストの対象となっている。

『EU MAG』の関連記事

世界的注目を集めるEUの制裁の仕組み2014年8月号 政策解説

 

Languages: