駐日欧州連合代表部

欧州委員会、経済通貨同盟の深化に関する行程表を示す

06/12/2017 - 12:31
Press releases

EU News 261/2017 ブリュッセル

<日本語仮抄訳>

欧州委員会は本日、行動に向けた行程表といくつかの具体的な取り組みを示すことで、ジャン=クロード・ユンカー委員長が今年の一般教書演説と、2015年の欧州議会議長、欧州理事会議長、欧州委員会委員長、欧州中央銀行総裁およびユーログループ(ユーロ圏財務相会合)議長の連名で発表された報告書が提示した、欧州の経済通貨同盟(EMU)の深化に関する約束を果たしている。

2015年6月の同報告書(Five Presidents’ Report)と、2017年春に発表されたEMUの深化とEU財政の将来に関する各考察文書が示した展望を土台に、欧州委員会は、今後18カ月で進めるべき具体的な取り組みを含む、EMUの深化に関する行程表を示した。いくつかの施策も、この提案群の一部として提示されている。全体目標は、2025年までにEMUの一体性・効率性・民主的説明責任を高めることである。

『EU MAG』の関連記事

EU の経済通貨同盟に関する考察文書とは? 2017年9・10月号 質問コーナー

Twitter: @EU_Commission

 

Languages:
編集セクション: