駐日欧州連合代表部

ミャンマー情勢に関する、EU上級代表の声明

20/11/2017 - 17:50
Statements on behalf of the EU

EU News 247/2017 ネピドー

<日本語仮訳>

フェデリカ・モゲリーニ欧州連合(EU)外務・安全保障政策上級代表兼欧州委員会副委員長は、EUを代表して、以下の声明を発表した。

「EUは今なおミャンマーの民主化の強力かつ熱心な支持者である。

ラカイン州における人道的・人権上の状況は引き続き非常に深刻なものだ。EUは再度、全ての暴力行為の即刻停止と、同州に差別なき法の支配と文民行政の確立を求めたい。国連やその他の国際的援助団体関係者の人道支援のためのアクセスの回復は必須である。人々が自主的で安全かつ威厳が保たれる形で出身地に帰還できるような状況も整備されなければならない。                                                                                                                            

2017年10月16日のEU理事会のミャンマーに関する結論を思い起こし、EUは同国政府に対し、残忍行為に関与した者が確実にその責任を負わせられることを求める。

2017年11月20日~21日にネピドーで開催される第13回アジア欧州会合(ASEM)外相会合の文脈においてEUは、まず帰還に関する合意をバングラデシュと早急に取りまとめ、ラカイン州に関する諮問委員会の勧告内容の実行に着手するという、アウン・サン・スー・チー国家顧問が示した方策を歓迎する」

Twitter: @eu_eeas