駐日欧州連合代表部

EU外務理事会の主な結論

Brussels, 16/10/2017 - 16:38, UNIQUE ID: 171017_1
Press releases

EU News 219/2017

イラン

欧州連合(EU)外務理事会は、イラン核合意である包括的共同行動計画(JCPOA)について議論した。EU加盟国の外相はJCPOAに関する声明に合意した。

北朝鮮

同理事会は最近の北朝鮮の挑発的行為に鑑み、朝鮮半島情勢への対応を協議した。

理事会は、国連安全保障理事会制裁を補完および強化する内容の、追加的なEU単独の措置を採択した。

外相は全国連加盟国による安保理決議の実行を、より徹底するための働きかけを強化することにも合意した。

ミャンマー/ビルマ

理事会は、ラカイン州における人道・人権状況に鑑み、ミヤンマーに関する結論を採択した。

 

『EU MAG』の関連記事:

「イラク核合意でEUが果たした役割は?」 2015年10月号 質問コーナー

「EU理事会と議長国について教えてください」 2017年5月号 質問コーナー

 

Twitter: {"service":"smk","type":"single","id":"919927249004122112","display_user":true,"display_user_pic":true,"auto_expand_photo":true,"auto_expand_video":true,"render":true}">@EUCouncilPress

Languages:
編集セクション: