駐日欧州連合代表部

EU、海洋の安全と保全のために5.6億ユーロの追加拠出を発表

OUR OCEAN, FEDERICA MOGHERINI, MALTA, KARMENU VELLA, CLIMATE, ENVIRONMENT, CLIMATE CHANGE, SEA, OCEAN, CLEAN WATER, CONFERENCE, EEAS, EU

<日本語仮抄訳>

フェデリカ・モゲリーニ欧州連合(EU)外務・安全保障政策上級代表兼欧州委員会副委員長は本日、マルタで開催の国際会議「Our Ocean (私たちの海洋)」の開幕にあたり、世界の海洋の保全と安全を確保するための36の具体的な取り組みに対し、5億6,000万ユーロのEU資金を拠出すると発表した。上級代表は、今日のグローバル化した世界において、世界貿易の9割が海運で行われ、何百万もの雇用や生計が、共有財であり、国際協力を通じて管理されなければならない海洋に頼っている、と述べた。世界の海洋は危険にさらされている。2050年までに、海には魚よりもプラスチックの方が多くなる可能性がある。同時に、海面上昇が何百万もの人々の移動を強制し、海水温度の上昇がより強力なハリケーンを生むなど、海洋はますます安全保障上の脅威になりつつある。この会議が議論する、海洋に関する問題についての国際協力や、上級代表が本日発表したような具体的な行動の必要性は、緊急かつ避けることのできないものだ。

モゲリーニ上級代表と欧州委員会のカルメヌ・ヴェッラ海事・漁業担当委員が共催しているOur Ocean会議は、10月5日、6日にマルタで開催されている。

『EU MAG』の関連記事:

「循環型経済を牽引する「ブルー成長」と「資金支援」2016年9月号特集Part 2

Languages: