駐日欧州連合代表部

モゲリーニ欧州連合EU上級代表、韓国の康外相と会談

<日本語仮抄訳>

 

フェデリカ・モゲリーニ欧州連合(EU)外務・安全保障政策上級代表兼欧州委員会副委員長は本日、マニラにて韓国の康京和外相と会談した。

 

上級代表と康外相は、朝鮮半島情勢について詳細に協議した。上級代表は、7月にブリュッセルで開催されたEU外務理事会でのEU加盟国外相らの討議について概説した。

 

上級代表は、EUとしては複線方式でこの問題に対応することを強調した。一方では、北朝鮮に対しその核・弾道ミサイル計画に関して国際的義務を果たすよう、国連やEU独自の制裁を含む圧力を追求している。この点において、上級代表は、85日に国連安全保障理事会が全会一致で決議第2371号(2017)を採択したことを、国際的圧力の強化における重要な一歩と位置づけた。

 

2に、EUは平和的手段で朝鮮半島に永続的な平和と非核化をもたらすには、北朝鮮との信頼に足る、意味ある対話が不可欠であると考える。上級代表は、EUがこのプロセスにおける韓国の主導的役割と呼びかけを支援することを再度述べた。上級代表と外相は、今後も緊密に連絡を取り合うことに合意した。

Languages: