駐日欧州連合代表部

欧州委員会、チェコ、ハンガリーおよびポーランドに対し、違反調査手続きを開始

<日本語仮抄訳>

欧州委員会は本日、チェコ、ハンガリーおよびポーランドに対し、2015年の難民の移動に関する欧州連合(EU)理事会決定より生じる義務を果たしていないとして、違反調査手続きを開始した。

幾度にもわたる欧州委員会の促しにもかかわらず、この3カ国は未だに法的義務違反の状態にあり、ギリシャ、イタリアおよび他のEU加盟国に対する約束を軽視する姿勢を示してきた。

同理事会決定は、各加盟国に対し、迅速かつ秩序だった移動手続きを確保するために、3カ月ごとに受け入れ可能人数を提示することを義務付けている。ハンガリーはこの計画が始まって以来、全く行動を起こさない一方で、ポーランドは2015年12月以来、1人の受け入れも受け入れ可能人数の提示も行っていない。チェコは2016年8月以来、この計画に基づく難民を1 人も受け入れていない上に、1年以上も新たな受け入れ枠を表明していない。

『EU MAG』の関連記事

難民危機とEU 2016年11月号 特集

 

 

Twitter: @EU_Commission

Languages:
編集セクション: