駐日欧州連合代表部

カブールで起きたテロ攻撃に関するモゲリーニEU上級代表の声明

<日本語仮訳>

フェデリカ・モゲリーニ欧州連合(EU)外務・安全保障政策上級代表兼欧州委員会副委員長は本日、以下の声明を発表した。

「今朝、カブールの中心部で発生したテロ攻撃を受けて、私自身およびEU全体より、アフガニスタン国民と政府に向けて、哀悼の意を表する。命を落とした罪なき人々のご家族とご友人に、心底よりお悔やみを申し上げる。負傷した数多くの人々の、一日も早い完治を祈念する。

カブールのEU代表部では、職員を総動員し、爆発により被害を受けたEU加盟国の外交公館とその職員の支援に当たる態勢を整えている。

今回の攻撃は、アフガニスタンにおいて多くの人々が祈りを捧げる聖なる断食月に起きた。EUは、全てのアフガニスタン国民とともに、平和が成就することを願い、そのための努力を継続する。EUは平和と和解を目指すあらゆる歩みとともに、同国の安定にとって何よりも重要な、アフガニスタンの諸機関が機能するための支援を継続する。EUは、アフガニスタンの政府および国民に寄り添い、一丸となってテロの脅威に対抗する」

Languages: