駐日欧州連合代表部

EU理事会、対外関係における文化の重要性を確認

Bruxelles, 23/05/2017 - 02:51, UNIQUE ID: 170524_1
Press releases

EU News 108/2017 欧州連合理事会

<日本語仮訳>

欧州連合(EU)理事会は、2016年6月8日にフェデリカ・モゲリーニEU外務・安全保障政策上級代表兼欧州委員会副委員長と欧州委員会が発表した、「国際的文化関係に関するEU戦略に向けて」と題した共同コミュニケーション(政策文書)を受け、本日、EUの対外関係における文化の役割に関する結論を採択した。本日の結論は、国際的文化関係に向けたEUの戦略的アプローチに関するガイダンスとなる。

EU理事会の結論は、このようなアプローチがボトムアップで進められ、文化部門の独立性を尊重すべきであることを強調した。また、国際的な文化関係は、EU域内での文化的多様性を促すことなくして発展できないとし、取り組みの一貫性と統一性を求めた。

この取り組みを前進させるために、EU理事会は次の段階として、国際的文化関係に向けたEUの包括的な戦略的アプローチの策定を補佐する作業グループの設立に合意した。欧州委員会と欧州対外行動庁が、EUの第三国との文化的関与の促進を目的として2016年に創設した既存の文化的外交プラットフォーム利用し、この作業を支援する。

『EU MAG』の関連記事

文化を国際関係の中核に据えるEUの新戦略 2016年7月号特集

© European Union, 2017

Languages:
編集セクション: