• Current language: ja

駐日欧州連合代表部

モゲリーニ上級代表、EUを代表して国際反ホモフォビアの日に寄せた声明を発表

<日本語仮訳>

フェデリカ・モゲリーニ欧州連合(EU)外務・安全保障政策上級代表は、5月17日の国際反ホモフォビアの日に寄せ、EUを代表して以下の声明を発表した。

「本日の国際反ホモフォビア・トランスフォビア・バイフォビアの日を、EUは世界の数多くの人々と共に、祝いたい。各国政府が、人権の普遍性を推進し、性自認や性的指向のあり方にかかわらず、万人が、差別なく、そのような権利を行使できるようにする義務を負っていることを、再認識するにふさわしい日である。

昨今、世界中で、レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダー・インターセックス(LGBTI)の人々による全人権の享受において、目覚しい進歩が達成されている。同性愛を犯罪でなくした国もあれば、性的指向や性自認に基き個人を保護するための新たな法令を制定した国もある。LGBTIの人々に平等な権利を推進するための、勇敢な活動家たちの献身なくしては、このような変化は生じ得なかっただろう。

世界全体には、まだ大きな障害が残っている。LGBTIの人々に対する差別や暴力は、今もまん延している。70を超える国において、同性同士の関係は犯罪とされているのみならず、死刑につながり得る所さえある。EUは、LGBTIの人々に対する差別や暴力を、可能な限り強く非難する。

EUは、世界各地における、LGBTIのための組織がより明確に認知・受容されるためのプロジェクトに資金を供与している。それは、法改正を目指した当局との協議の促進、同性愛に対する嫌悪への対抗、LGBTIの人々の暴力からの保護などを目的とした活動である。また、LGBTIの人々や市民社会団体に向けた、研修、情報提供、法的支援に関する援助も行っている。

2016年の6月、EU理事会は、この課題について欧州委員会が提示した行動リストに応じ、初めて、LGBTIに関する結論を採択した。EUは、全てのパートナーとの協力を通じ、性的指向および性自認にかかわりなく、万人の人権を推進するための努力を継続していく」

/file/20170517idahotjpg_ja20170517idahot.jpg

Twitter: @EU_Commission

編集セクション: