駐日欧州連合代表部

モゲリーニEU上級代表、米国のティラーソン新国務長官と会談

09/02/2017 - 21:40
ニュース

EU News 23/2017 2017/02/09

<日本語仮抄訳>

フェデリカ・モゲリーニ欧州連合(EU)外務・安全保障政策上級代表兼欧州委員会副委員長は本日、米国ワシントンにて、新政権の高官や上院の幹部議員との会合を重ねている。

既に、レックス・ティラーソン新国務長官と初めての会談を行った。

上級代表は、「ティラーソン長官と会う機会を得られたことを嬉しく思う。双方が関わる多くの事案について、開かれた意見交換を行うことができた。 EUと米国の関係は長年にわたって築かれてきたものであり、われわれの原則や利益に基づいてそれをさらに進歩させる所存である。EUと米国が緊密に協力す ることが利益となる事案はいくつもある」と述べた。

主な国際的な問題について、EUと米国が、これまでの長年の協力関係を足場とすることが双方の利益になることを強調した。

両者の会談は多岐にわたったが、EU・米国関係、共通の課題であるテロとの戦い、欧州の防衛強化に向けた継続中の取り組み、対ロシア関係、イラン核合意、およびウクライナからシリアにいたる主な危機について詳細に話し合った。

両者は連携を継続し、早期に再会することで合意した。モゲリーニ上級代表は、ティラーソン国務長官の都合がつきしだいブリュッセルのEU外務理事会で話をしてもらうよう、招待した。

Languages:
編集セクション: