駐日欧州連合代表部

欧州委員会、EUを共に強くする2022年作業計画を採択

Brussels, 21/10/2021 - 12:00, UNIQUE ID: 211020_1
Press releases

EU News 230/2021

<日本語仮抄訳>

欧州委員会は本日、2022年の作業計画を採択した。よりグリーンで公正かつ、よりデジタルで強靭な「コロナ後」の欧州連合(EU)に向けた、大胆かつ斬新な取り組みの次の段階を示すこの作業計画には、ウルズラ・フォン・デア・ライエン委員長の本年の施政方針演説を土台に、同委員長の政治的指針で示された6つの主要テーマ全てにわたる42の新たな政策が含まれている。同作業計画はまた、今般のパンデミックによる未曾有の危機から得られた教訓を反映しつつ、特に2022年を「欧州若者年」に指定するとの提案を通じて、欧州の若者世代に特に留意している。

フォン・デア・ライエン委員長率いる欧州委員会の6つの主要テーマは以下のとおりである。

  1. 欧州グリーンディール
  2. デジタル時代にふさわしい欧州
  3. 人々のための経済
  4. 国際社会でより強い欧州
  5. 欧州的生き方の促進
  6. 欧州の民主主義のさらなる推進

 

EU MAG』の関連記事

初の女性委員長が率いるフォン・デア・ライエン新欧州委員会 2020年1・2月号 特集

EUについてさらに知りたい場合は日本語のオンラインマガジン『EU MAG』をご覧下さい

Languages:
編集セクション: